topimage

2006-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏の旅 ☆ Pont du Gard へ - 2006.07.31 Mon

南仏7



2日目の午前中はPont du Gardへ遠足だぃ♪
アヴィニョン駅にある長距離バスターミナルから約45分の旅。
わりと早い時間だったからかな、バスは私たちの貸切(*´∀`人)
一番前の席で南仏のパノラマを楽しみました☆





南仏8



初めて見たのは何かの教科書だったような気がします。
まさかいつか自分が実際に訪れようとは…。
写真で見たまんまの美しい橋の姿に感動してしまいました。


南仏9



橋の下にはきれいな小川が流れていて、小さなお魚がたくさん。
泳いでいる子供たちもいました。
私も足だけですが水と戯れてきましたv(。・・。)


南仏6



セメントを使わず、平らな石を積み重ねただけの昔ながらの石壁は南仏ならでは。


南仏10



橋からしばらく歩くと、この地方の様々な樹木が見られる公園があります。
無料なので行ってみることに。でもカンカン照りだったので人気はナシ。
写真はオリーブの木。イタリア贔屓のトマは駆け回って喜んでました(笑)。
確かに、ブザンソンにいたらオリーブの木なんて無縁だものね( ´,_ゝ`)


南仏11



セミはフランスでは南仏で見るものらしい。
お土産屋にもセミをモチーフにしたものがたくさん。
日本育ちの私にとってはめずらしくもなんともないけどねー。
「ミンミンゼミはミーンミーン、つくつくぼうしはつくつくぼーしって鳴くんだよ」
とトマに話すと、「はぁσ(・ω・`)? 何言ってるの?」と言われました(笑)。
日本のセミと違って、小さくて白かったよ◎


南仏12


南仏13



見学を終えてアヴィニョンへ戻り昼食。その後は町を自由気ままに散策です♪
と、水車のある雰囲気のいい通りを発見!

夜はトマがどぉぉぉしてもピザが食べたい!ということだったので探しまくりました…。
観光客目当てじゃないところを必死に探し、
最終的にはどっかの裏通りにひっそりと佇むイタリアンレストランを発見。
なかなかのお味でした☆


南仏15


夕食後はバーで一杯やりながら日が暮れるのを待ち、夜のアヴィニョンを堪能(*´ー`*)
綺麗ですね、夜の法王庁宮殿。


南仏14


アヴィニョン橋もほのかな光に浮かび上がって幻想的☆
普通ならロマンチックな一時も、疲れによるあくびの連発でぶち壊しさ(笑)。



↓ぽちっとお願いします☆
ranking
スポンサーサイト

南仏の旅 ☆ Avignon へ - 2006.07.31 Mon

南仏1



トマとバカンス旅行に行きました♪
今年の行き先として選んだのがアヴィニョン(Avignon)とアルル(Arles)
猛暑の到来前に決めたので失敗したなー。
よりによって一番暑いところへ行くなんて…。

覚悟を決めてブザンソンから出発したのは朝の4時55分( ´Д⊂
3時半起きで真っ暗な中、家から駅まで40分も歩きました。
いくら安いからって何もこんな早い電車に乗らなくても(╬◣д◢)ムキー!!
(切符を予約したのはもちろん相方です)

乗り換え地・リヨンへ向かう途中、ようやく太陽が昇ってきましたョ。

リヨンで乗り換え、アヴィニョンに着いたのが12時前
電車の中で寝たいのに寝られない状態に耐えていた私たちはもうゲッソリ。
しかも容赦なく照りつける太陽。
早くもダーウン。
ホテルにチェックインしてしばしのお昼寝タイム(つд⊂)


南仏5



アヴィニョンで泊まったのは『Hotel Splendid』というところ。
白壁でシンプルなお部屋でした。
天井にはプロペラみたいな扇風機(なんて言うんだろう?)が付いてたけど
役立たずでとても暑かった(;´д`)ゞ


南仏2



2時頃遅めの昼食を済ませ、まずは法王庁宮殿(Palais des papes)のある広場へ。
14世紀に法王によって建てられたもので、デカかったです。


南仏3



全部入らなかったのでもう一枚。
入場料は9.50 Euros(うちらはパスを持っていたので7.50でした)。
宮殿内は広いんだけど、ぶっちゃけ値段の割にはたいして見るものない(o・ε・o)
今考えるとべつに入らなくても良かったかなと思います(笑)。


南仏4



続いて広場の横の小道を下ってサン・ベネゼ橋(Pont St-Benezet)へ。
「Sur le pont d'Avignon, on y danse, on y danse.....」
(アヴィニョンの橋で踊ろうよ、踊ろうよ.....)の歌で有名ですね。
私もトマもこの歌が頭から離れなくて、ずっと歌っていました♪
写真は橋の上で撮ったもの。


この日は疲れたのでバゲットとハムを買って、ホテルでサンドイッチ食べました。
「部屋で食事はしないでください」って書いてあるのに…∵:.(:.´艸`:.).:∵




↓ぽちっとお願いします☆
ranking

ブザプラージュ・・・? - 2006.07.24 Mon

ブザプラージュ1


引き続き、あづい(;´д`)ゞ
と言いつつ懲りずに毎日外をぶらぶらしていますが…。

先日うちの横の川沿いを散歩をしていると、
テレビ局・France3の広場に憩いの場が設けられてるのを発見!
ため池前には椅子とパラソルが。
パリプラージュのようにはいかないけど、ナイスアイディア。
パナッシュでも飲みながら涼むのにもってこい!
公園内には軽食を売っている売店もあれば、子供が遊ぶアスレチックも、
卓球台なんかも用意されていたョ。
さっそくトマと卓球に熱中(; ・`ω・´) 結果惨敗。+゜(。Pдq。)゜+。
さらに良いことには至る所に霧シャワーがあること。
マジ、ナイスですブザ(`・∀・´) b
ぶっちゃけこの町にここまで期待してなかったっす(笑)。

この夏ここに通うことになりそうね。



↓ぽちっとお願いします☆
ranking

ハエはんたー♪ - 2006.07.22 Sat

さくらんぼ


あづい(;´д`)ゞ
フランスに2003年の恐怖が再び到来れす。
連日30度を超える猛暑。ブザも34度・35度ってとこですね。
何がつらいって、クーラーはもちろん扇風機もないってんだっ!!
それだけで日本と気温は同じでもエライ違いよね。
店に入ったところで“クーラーで冷え冷えっ”なんてことないil||li (つω-`)il||li

ということで最近は年寄りのごとく早起きして、朝のうちに買い物へ。
タイムリミットは10時ごろでしょうかね…。
それ過ぎるとどんどん気温上昇ですからね…。
ヨーロッパは日本に比べて太陽さんがすごい強いと思うんですがどうでしょう?
もう照り付けられると頭クラクラして、そのままふら~っとイっちゃいそうになります。

今日は朝のマルシェでおいしそうなチェリーを購入♪
つまみながら散歩を満喫しましたv(*'-^*)-☆


そうそう、夏の風物詩といえば『ハエ』
とにかく湧きまくりっす。
窓を開けてるといつの間にか3匹、4匹、5匹、6匹…。
おかげでハエ叩きマスターになりました。
ここ数日でいったい何匹殺ったことか…(´ー`)y─┛~~
レストランに入ってもー、カフェを飲んでてもー、日陰で涼んでてもー、
ハエはいつでも私たちの隣にいまーす。

夏だけど・・・カニ ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ - 2006.07.18 Tue

お昼に京都駅に到着、連日の飲み会で二日酔い&寝不足の帰宅となりました…。
駅まで車で迎えに来てくれたママとお昼、そして買い物。
2日後に出発を控えてるので荷物でも用意したかったんだけど、
今夜のカニに備えてお昼寝することに.:*:・'゚☆

そう、今夜は帰国前のプチ送別会ということで家族でカニ三昧なのらヾ(@^▽^@)ノ
パパも早めに帰宅していざ料亭へー♪

かに1


かに3


個室でカニをむさぼり食いました◎
私の頼んだコースは何品あったのかなぁー?
上のたらばステーキ始め、サラダ、刺身、てんぷら、焼き物、寿司、
土瓶蒸し、茶碗蒸し、酢の物、煮物…etc とにかくカニづくし(*´∀`人)


かに2

でもカニって食べ出すと無口になっちゃうのよね。
せっかくの家族団らんなのにみんな会話そっちのけで真剣そのもの(笑)。
最初は「夏のカニなんて身がないのよっ」と言っていたママも最後には大満足でした。

ビバ・植物園☆ - 2006.07.15 Sat

植物園1


今日はパパにデートに誘われたので、朝から外出です。
なんか、京都にも代官山のようなオサレなところがあるんだとか。
上賀茂神社の近くの北山という界隈。
地下鉄の駅から地上に出ると、なるほど落ち着いた雰囲気☆


まずは府立植物園に行ってみることに。
入場料がたった200円なのでどんなもんかと思っていたら、結構穴場かも!
きちんと手入れが行き届いてるし、敷地も広くて静か。
アマチュアのカメラマンがたくさん来ていました。


植物園2

園内は色々なエリアに分かれていて、まずは紫陽花を見にー。
こんなに鮮やかなピンクの紫陽花めったに出会いませんよっ( ・∀・)つ


植物園3

こっちも結構な大輪だい。


植物園4

季節がちょっと過ぎたころなのに、バラ園には色とりどりのバラが☆


植物園5

今回一番面白かったのは、熱帯植物の温室
プラス200円かかるけど見る価値大です(`・∀・´) b
こんな植物が存在するのかっ!という発見と驚きの連続。


植物園6

まったく陶器のお皿にでも描いてあるような葉っぱです。


植物園7

この動物のしっぽみたいなのも植物なんですね…。ぶっちゃけキモチ悪い…。
他にも巨大キャベツのオバケみたいなのや、人食い花みたいのがわんさか見れますョ。


植物園を満喫した後は、お昼ご飯を食べて町散策開始♪
といっても…町というか北山通りっていう通りなんだけどね。
可愛いフランス雑貨屋さんやアクセサリー屋さんがあちこちにあって、
女心釘付け(*´∀`人)
うちのママはビーズアクセサリー作りが趣味なので、いいお店ないかなぁと
探していたら、ありましたありました。
なかなか品揃え豊富でお洒落なビーズ専門店が*:..。o○☆
帰ったら教えてあげよう♪

この通りでもう一つの目玉はケーキ屋さん
ちょっと歩くたびにいい感じのお店が見つかります。
せっかくなのでモンブランで有名なお店にてお土産を調達。
私はモンブラン苦手なのでオペラをチョイス。
これがごっつーうまかった(*`▼´*)b



↓ぽちっとお願いします☆
ranking

海と花と。 - 2006.07.08 Sat

さて、2日目です。
朝起きると・・・ものすごい霧!
すぐそこにあるはずの海さえ真っ白で見えない!
鳴門の渦潮を見るために遊覧船に乗ろうかと話していたけど、
これじゃ船出ないだろ・・・という状態。
ところがパパはやる気満々で、フロントの人に聞きに行ったところ、
「どうやら出るらしい」と言われ早々とホテルでチケットを購入。

9時にチェックアウトし、半信半疑で遊覧船乗り場へ。
案の定濃霧のためいつ船が出るかわからない!
もぉみんなでお父さんにブーイングです。
少し待ってみたけども霧は一向に晴れる気配なし。船も出る気配なし。
なのでチケットを払い戻しして、鳴門大橋にある展望台へ行ってみることに。

微妙にだけどここからも渦潮を見ることができましたv(。・・。)


その後海岸線沿いをドライブしつつ、淡路島名物たこせんべいの直販会場へ。
たこせん以外にもたくさんの種類があって、試食自由♪
コーヒーやお茶も飲み放題♪
ええところやぁ~( ´∀`)
何種類か購入し、続いては丘の上にある淡路花さじきというお花畑へGo。


淡路島5


ココ、すごい綺麗にお花畑作ってあるのに入場無料なの!
前日のイングランドの丘とは大違い(´・ω・)(・ω・`)ネー
あじさい・ブルーサルビアなどなどいくつかのエリアに分かれていて、
赤・青・黄色・白のお花が咲き乱れていました(*´∀`*)


淡路島6


途中で四葉のクローバーを見つけて夢中になって探しちゃった。
ある所にはあるもんだ。全部で10個くらい見つけたよ☆
いいことありますよーに・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:



↓ぽちっとお願いします☆
ranking

タコと玉ねぎの島。 - 2006.07.07 Fri

淡路島1


日本滞在中2回目になる家族旅行です☆
今回の行き先は、題名にもあるように『タコと玉ねぎの島』淡路島どぇす。
台風もきているようだったので心配してたんだけど、
1日目はなんとか天気もってくれました。



冒頭の写真は明石海峡大橋です。
京都から高速のって2時間ほどで到着。
なんと、今のところ世界で一番大きなつり橋なんだとか(´・∀・`)ヘー
中にはラウンジ・展望台・遊歩道などがあり、登ることができます。
(橋の道路の下にあたるところですね)


淡路島2


そこは地上47m。遊歩道の一角に、ガラス張りの箇所があって迫力満点♪
高所恐怖症ぎみの父は私たちがガラスの上に立ってわいわいしてるのを
「信じられないっ」という感じで遠目に眺めていました・・・。


淡路島3


さて、橋を渡って淡路島突入。
目的地のイングランドの丘というところに向かいました。
ガイドブックでは・・・
四季折々の花が咲き誇り、
様々な食品加工(アイス・ソーセージ・牛乳などなど)を見学でき、
コアラをはじめ様々な動物がいる。
・・・ということでした。

たしかにコアラいた(´・∀・`)
ワラビーペリカンリスザルも見たよ(´・∀・`)

でも・・・四季折々の花は咲き誇ってなかったよ?
食品加工のラボも人っ子一人いなかったよ?
乗馬場のお馬さんもヨボヨボのおじいさん馬で、乗るのが可哀相だったよー?


これで入場料取るなんて、調子乗りすぎだゾ ( ´ー`)σ)Д`)


淡路島4


すっかり拍子抜けのまま宿に向かうことに。
今回の宿は旅館ではなく、国民休暇村というところ。
まぁよく修学旅行で泊まるようなところです。
改装したばかりということでピカピカで清潔感あふれるホテルでした◎
夕食前に併設の足湯で海を見ながらリラックス(´ー`)

お食事はバイキング形式。外には海。
ちなみにお部屋からは鳴門大橋がばっちり見えましたv(。^^。)
そして、何より感動したのが露天風呂!!
周りになんの仕切りもなく、眼下には海と橋!
程よくライトアップされた橋と街の明かりがとってもいい雰囲気でした(*´∀`*)
私たちが行ったときは運良く誰も居なくて貸し切り状態だったし♪



↓ぽちっとお願いします☆
ranking

★'.・*.・:☆'.・*.・:★ Saint Thomas ☆'.・*.・:★'.・*.・:☆ - 2006.07.03 Mon

トマ


本日、7月3日はトマの日ですv(*'-^*)-☆
ということで、トップを飾るのは数ヶ月前の渋い写真をチョイス(笑)。
(他にいい写真がなかっ・・・ゲフンッ)

フランスでは365日が誰かしら聖人の祝日になっています。
なので同じ名前を持つ聖人の祝日は、その人にとって第二の誕生日のようなもの。
今日は聖トマの祝日→「おめでとう(Bonne fete)」を言うと喜ぶ。
ちなみに私の誕生日8月7日の聖人は聖ガエタン(St.Gaetan)らしい・・・。

この風習についてはずいぶん前から知っていたんだけど、
なんせ日本人の私には馴染みゼロ。
トマと付き合って最初にこの日が訪れたとき、遠距離恋愛中だったんだけど、
この日の事これっっっぽっちも頭になくてシカトしていたらすごぉぉぉぉ~く凹んでいた。
それ以来私もフランス人化し、誕生日のごとく毎年この日を待つことにしたとです。


日本生活も残すところ2週間半になっちゃいました(´;ω;`)早い・・・。
やっぱり日本での生活は私にとって便利。家族がこんなに近くに居るって幸せ。
って思うとまた旅立つのは少し辛いっす。
でも「淋しい淋しい。早く帰ってきて( ´Д⊂」と言う彼に早く会いたいとも思います(*´ー`*)




↓ぽちっとお願いします☆
ranking

鹿と戯れに・・・ - 2006.07.01 Sat

奈良1


今日は家族で奈良遠足♪
パパ&ママはウン十年前に修学旅行で来たらしいが、私はお初。
(ちなみに私、修学旅行に恵まれない子。鹿児島と長野でした・・・)
噂に聞くシカをしかとこの目で見てきました( ´,_ゝ`)



奈良2


奈良公園の一部にだけいるんやと思ってたら、至る所にうじょうじょいるんだね。
鹿せんべいを売ってる所には必ず出没して道行く人々を大人しく待っている・・・。
まったくお利巧さんだよ。
パパ&ママが鹿せんべいを購入。おつりをしまう暇もなくチョーダイ攻撃。
ついでにまっぷるの表紙もいただかれちゃいました(笑)。


奈良3


私は微妙にビビってたので硬い感じで(笑)。


奈良4


大仏。確かにでかかった。特に鼻の穴。
あの手に乗っかってみたいなぁと思いました。
大仏様の表情、安らかではなく無感情・無表情に見える。
やっぱり信仰心があるのとないのとでは見え方が異なるのかな?


奈良5


お昼はガイドに載っていた旅館がやってる釜飯屋にて。
カウンターに10席しかなく、感じのいいおばさんが1人で担当しているこのお店。
幸いお客は私たちだけで、とってもいい雰囲気で和みご飯堪能できましたv(*'-^*)-☆
オリジナルの青梅奈良漬がとっても美味しかったので購入していきました。


奈良6


食後もさくさく歩き、春日大社へ。ここでなんと結婚式後のカップルに遭遇!
雨の中撮影とか大変そうだったけど綺麗だったぁぁ。
私も白無垢で結婚式したひ・・・(あと何年後じゃい。)


奈良7


探索コース最後は浮見堂。琵琶湖の浮御堂とは違って、こっちはただの休憩所。
雨の中の見学だったけど、修学旅行生とシカに囲まれながらの奈良満喫でした♪


↓ぽちっとお願いします☆
ranking

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Information

あき

Author:あき


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

2005年からフランスで
彼とのんびり2人暮らし。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

不快なコメントや宣伝は予告なく
削除させていただきます。

Categories

Archives

Commentaires

応援よろしく♪

ランキング

訪問ありがとう♪

pictlayer

ブログ内検索

RSSフィード

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。