topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期早々衝撃の事実発覚。 - 2008.01.16 Wed

月曜日から後期が始まりましたー。
1ヶ月もだ~らだ~らして過ごしていたので気も腰も重かったのですが、
わりとすんなりお勉強リズムを取り戻せたかな。
しょっぱなから8時間授業、しかもずーっと同じ先生とってことで
最後の方はもう耐久レースみたいになってましたが(笑)。

さてさて、新学期早々1つのニュースが飛び込んできました。





来年から、私が登録しているコースのLicence(学士)がなくなるってよ~ヾ(;´Д`●)ノ


「ということで、みんな留年できないからね」
ってサラっと言う先生。


ええええええぇぇぇーーー・・・・・キツイなーーーそれ。
留年する可能性大の私はどうすれば・・・il||li _| ̄|○ il||l
Licenceすらもらえなかったら笑えない。いや、逆に笑える?いや、やっぱ笑えない。
まだ前期の成績が出てないのでなんとも言えないけど、
後期は一層気合入れてやらなければぁ~"o(▼皿▼メ;)o"


で、さらにもうひとつ。


来年から、私が登録しているコースのMaster(修士)がなくなるかもってよ~ヾ(;´Д`●)ノ


「これに関してはまだ先生もよくわかりません
って先生。




大学側からこのコースの閉鎖を要求されてるらしいのだけど、
来年期の登録ギリギリにならないとはっきり分からないんじゃないかということだ。
ってことは万が一私が無事にLicenceを取得できても、Masterがない!ってことになりうるのね・・・。
まぁ私の場合Masterまで続けるかどうか疑問だけど。
これには他のクラスメイトも相当ご立腹でした(o´_`o)

先生は「他の大学も探し始めてください」って簡単に言うけど、
お仕事しながら来てる子や、若いのに子供を育てながら来てる子や、
私みたいにもう半ば家族がいる子は、そう簡単にブザンソンから動けないのだよ。

「せっかくブザの大学で、仕事の世界に役立つような学科を見つけたから登録したのに、
こうなる(Masterがない)って分かってたら初めから他の道を選んでた。」
ってみんな言ってた。

そうだよね・・・実際もっとプロフェッショナルなことをするのはMasterになってから。
みんなそれを期待して登録したのに、いきなりやりませんって言われてもね・・・。

まぁMaster閉鎖に関してはまだ決定ではないけれど、あと2ヶ月後には来年期に向けての
奨学金などなどの登録が始まるらしいので早くちゃんとした情報が欲しいものです。


フランスの大学、いろんな意味で「改革」したほうがいいのではないだろうか・・・。




↓ぽちっとお願いします☆
バナー

● COMMENT ●

むかつく話です!

ええええぇ~それってないですよね!!!!
私も、そうして留年した時、翌年カリキュラムを大幅に変えられてただけで、抗議してやった!(だって、単位とれてた科目がもう存在しなくって、その単位が無駄になったり・・・で。)のに、なくなるなんて有り得なーーーーい、有り得ないよぉ・・・・
日本じゃ絶対に起こりえないことの一つ、ですよね。

人の都合とか世の常識とか通り越してるフランスのシステムって、そろそろ何とかしないと、発展産業国を誇る国として、いつかツケ回ってくると思うのよね。・・・そのときは心の中で笑ってやるのかもぉ~。

大変やねえ

それはかなり大変じゃないかね。。。
まあ、でもフランスだけでもなく、どこでもそうだと思うよ。
アメリカでも突然消えていく学科があったりするからなあ。。。
まあ、時代の流れに文句をいいながらも、楽しく生きていきましょう~

◆lunakoさん

本当、えええええぇぇ~って感じですよね(笑)。
せめてLicenceを閉鎖して、完全にこのコースの生徒がいなくなってからMasterを閉鎖すればいいものを、私たちがいるのに閉鎖しようとするなんてヒドイです。

lunakoさんのようにカリキュラムの変更も困りますよね。
学費も安いから、ちゃんとしたシステムを期待してるほうが悪いんですかね(苦笑)。
まいったまいった(´・ω・`)

◆たにあいようさん

うーむ、来年どうするか早く考えなければいけなくなりました・・・。
それよか絶対に留年しないようにしなくちゃ!!

消え行く学科はどこにでもあるでしょうが、
学生に優しい消え方をしてほしいですね(笑)。
でもまぁ、いつものなんとかなるさー精神でゆきますv(。・ω・。)♪

はじめまして

私はパリの大学ですが私も去年似た様なめにあいました。
というのも修士過程が急になくなったのです。
しかも私の方は何の前置きもなく。大学登録の9月にいきなり学務課から告げられいきなり”帰国”の文字が頭をよぎりました。
学務課、サンディカ(学生組合)に抗議文の提出等色々しましたが結局なんの効果もなく...。

その時は本当にテキトウで嫌になりました。
修士が残る事を願っております。そして、もしなくなったとしても何か他に変わるものが見つかるといいです。

◆canardさん

初めまして☆

canardさんも同様の経験をされたんですね。
しかも急になくなってしまったとは!ひどいです・・・。
フランス人でも困ることなのに、私たち留学生はなおさらですよね。
結局その後は別の道でフランスに残られたのでしょうか?

私の方は「まだ分からない」の一点張りなので、
とりあえず修士以外の道を考えようと思います。
コメントどうもありがとうございます(*´ー`*)


管理者にだけ表示を許可する

お正月? «  | BLOG TOP |  » 魅惑の足攻撃

Information

あき

Author:あき


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

2005年からフランスで
彼とのんびり2人暮らし。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

不快なコメントや宣伝は予告なく
削除させていただきます。

Categories

Archives

Commentaires

応援よろしく♪

ランキング

訪問ありがとう♪

pictlayer

ブログ内検索

RSSフィード

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。