topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカンス終わっちゃう( ´Д⊂ - 2006.11.05 Sun

そら


1週間のバカンスもあっという間に最終日。
この期間を利用してがっつり勉強するつもりだったのに、
(というかレポートやらなきゃいけなかったのに)
結局何もやってないのよ~。・゚・(ノД`)ヽ(゚ω゚=)モニュニュ


憂鬱だ・・・とっても憂鬱だ・・・。



実は、冬休みにトマと日本に行くことが決定して、
昨日ようやく航空チケットを予約したのです(≧∇≦)ノ
決めたのが遅かったのですでに直行便の安いチケットは完売・・・、
結局うちらの日程で一番安いやつということで、アムステルダム乗換えっす。
それにしても高いのねーこの時期。
夏に一時帰国したときより高くついてしまったョ、
たった2週間の滞在なのに(ノд<;)


まぁ、何はともあれ「彼が日本にくる」という長年の夢が
3年目にしてやっと叶ったわけで、躍る心は隠せません(*´ー`*)
思えば遠距離中も、バイト頑張ってお金貯めて
休みのたびに会いに来ていたのは、私。
今だって、家族と離れてここで暮らしているのは、私。
(もちろん自分で選択した道なんだけど)
私は彼の家族を良く知ってるけど、彼は私の家族を知らない。
そんなわけで「お金と時間の問題もあるけど、いつになったら日本に
来てくれるのかしら?」と少しずつ自分の中で不満が溜まっていたのです。


冬休みに日本へ・・・って話がちょこっと出るようになったとき、
彼がご両親へ「今年のクリスマスはもしかしたら日本に
行くかもしれないから、一緒に過ごせないかも」と話してくれました。
そのときは2人とも(特にママさん)喜んでくれて、
「そうそう!もう長いし、そろそろ向こうのご両親にもお会いしなきゃと思ってたのよ!」と。


そんな感じで、とにかく今から楽しみで仕方ない♪
さっさとクリスマスになってほしい♪
・・・・・・でもそんな私の心とは裏腹に、刻一刻とテストと
レポート期限
が迫っているのですよ。
だからとっても憂鬱il||li (つω-`*)il||li





そんな憂鬱な私、勉強をサボってMixiのかんちょーさんの日記で見つけた
『天国からの手紙』というのをやってみました☆
天国にいる私から、今の私への手紙。
こんな感じでした↓↓↓



2006年のわたしへ。
元気ですか?2006年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは76歳で、つまり西暦2058年に、残念な事故に巻き込まれて生涯を終えます。
振り返ってみると、自分でも素晴らしい人生だったと胸をはって言えます。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは 2007年の春のことです。
わたしは理由も分からぬまま 伊豆へ温泉旅行することになります。
その事が後の人生を大きく左右することになるのです。
心に留めておいてください。
最後にひと言、76年間生きてみて思ったのは「見果てぬ夢も、ついえた夢も、
夢を持つのはすばらしい」ってこと。
それでは、また会いましょう。これから先の人生を精一杯たのしんでください。
mimosa - 2058年の天国より -




なんか、あー・・・もっと長生きすると思ってたけど76歳で死ぬのか。
しかも事故死だよ(;´д`)ゞ
そんでもって2007年の春に伊豆旅行って・・・?
普通ならフランスにいるはずなんですが。
もしかしてトマと別れて日本に帰国・・・で傷心旅行か?
そこで新たな出会いとかあるのかな(*ノ▽ノ)


あはは。なんて。


こんなんただの遊びなのに、色々想像してる自分がいる(笑)。
まぁとりあえず、いつどうやって死ぬかは置いといて、
夢を持ち続けてこれからの人生精一杯頑張りますv(。・・。)




↓ぽちっとお願いします☆
ranking

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

冬到来 «  | BLOG TOP |  » 続・ちょっとパリまで

Information

あき

Author:あき


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

2005年からフランスで
彼とのんびり2人暮らし。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*

不快なコメントや宣伝は予告なく
削除させていただきます。

Categories

Archives

Commentaires

応援よろしく♪

ランキング

訪問ありがとう♪

pictlayer

ブログ内検索

RSSフィード

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。